研究開発サービス業の齋藤工業
TOP | 会社概要

会社概要

Company data

事業内容

Our business
溶接アイコン
鈑金溶接
機械加工アイコン
機械加工
レーザーアイコン
レーザー加工

会社概要

Company data
名称

株式会社齋藤工業

所在地

〒470-2342
愛知県知多郡武豊町字沢田新田89-5
TEL :0569-73-4488
FAX :0569-73-7200

設立

1978年(昭和53年) 10月

資本金

1,000万円

代表

代表取締役 齋藤 清隆

事業内容

金属、及び非鉄金属加工の設計から製作全般素材…インコネル、ハステロイ、チタン、CFRP、マグネシウム合金アルミ合金、ベリ銅 etc.製作は、研究開発、試作品が主である

沿革

Company history
1978年

試作板金、熔接加工を主たる業として創業

アルミ熔接部品(シャーシ、フレーム、サスペンション、ボディ、ガソリンタンク等)

国産初のスーパーカー「童夢」、その他レーシングカー(ル・マン、デイトナ、鈴鹿etc.)

1981年

レーシングバイク車体、フォーミュラーカー、モーターショー用ホワイトボディ製

1982年

精密ロボット用アルミハニカム製アーム量産化に成功

1983年

東京モーターショー出展車ホワイトボディ製作

1984年

アルミ合金製市販レース用フレーム、リヤホーク一式

1985年

アルミ合金T6熱処理炉導入、アルミ焼入れ加工を社内にて熱処理、分析、検査

1986年

2D-CAD/CAM導入

1988年

DNCコントロール設備

1989年

3D-CAD/CAM導入(オイクリッド)

1991年

組織変更して、株式会社 齋藤工業とする

3D-CAD/CAMシステムによる金型および機能部品のモデルレス・仕上げレス・直彫り加工実現、金型の直彫り加工、実演セミナー開催、業界誌に実践を各種発表紹介

1992年

YAGレーザ(600W)によるレーザ加工技術発表(通産省技術改善補助金受理)

YAGレーザ加工技術に関し、名古屋工業技術院と共同研究開始、共同特許取得

同時5軸グライディングセンター導入、多品種における同時5軸加工の実践、発表

1996年

電気自動車試作支援、オールアルミ合金製モノコック・ボディの製作、ルシオーネ

1997年

アルミ熔接ロボットの導入、実用化。高級乗用車用アルミ製シートフレームの量産

1998年

介護用品運搬用台車試作開発(アルミ製ケアワゴン)老人介護福祉施設向け

スラップスケート用フレーム開発支援(長野五輪金メダリスト:清水選手、堀井選手)

天然ガス発電用マイクロタービンの技術開発支援(Ni基耐熱合金製、インコネル)

2000年

1998年に開発したオールアルミ製「介護ケアワゴン」1台寄贈、介護老人福祉施設

2001年

3次元レーザ加工機導入(三菱5036)。能力:レーザ熔接加工>出力3.6Kw 

テクノフロンティア愛知2001 新製造技術・情報部門 最優秀賞

2001~2年

マグネシウム合金の熔接技術で各界から表彰、日本マグネシウム協会 技術賞

2003~4年

産学官との共同研究、共同開発活発化、経営革新法に認定され自社製品開発

マグネシウム合金の加工技術、ロボット熔接システム、折りたたみ自転車の開発

2003年

職業訓練法人アマダスクール 第15回優秀板金製品技能フェア 銅賞

2004年

優秀技能章 (愛知県知事)

2005年

職業訓練法人アマダスクール 第17回優秀板金製品技能フェア 金賞・中央職業能力開発協会会長賞

2006年

コアコンピタンス(Ni基耐熱合金の板金、熔接、機械加工、生産技術)活用領域拡大

2007年

地域新生コンソシアム研究開発事業参画>特殊レーザピーニング技術の開発・実用化(産学官共同研究)

2008年

地域イノベーション創出研究開発事業参画>特殊レーザピーニング技術の実用化(産学官共同研究)

10月8日 おかげさまで創業30周年となりました。今後とも変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げます

2009年

ものづくり中小企業製品試作開発等支援事業の推進>特殊レーザ表面加工による鋳造部品の摺動性改善

戦略的基盤技術高度化支援事業参画>CFRP複合材料部材の新レーザ熔接技術の開発 1年目

2010年

戦略的基盤技術高度化支援事業参画>CFRP複合材料部材の新レーザ熔接技術の開発 2年目

2011年

戦略的基盤技術高度化支援事業参画>CFRP複合材料部材の新レーザ熔接技術の開発 3年目

職業訓練法人アマダスクール 第23回優秀板金製品技能フェア 金賞・日刊工業新聞社賞